宅建の通信講座を探すなら口コミサイトが最適【探し方を紹介】

使える資格を取得する

模型

宅建は人気のある資格のひとつですが、その理由のひとつに予備校に行かずとも取得が可能というものがあります。実際にこの資格は、通信講座で取得した人は多いようで、自分にあった講座を口コミ等から選んで、受講するスタイルが重要とされています。

向いているかの判断材料

男の人

宅建の通信講座を選ぶ上で、口コミは大いに参考になります。ホームページなどで見ることが出来るので、比較検討する際に有効です。自分が置かれている状況と似た人がどのくらいいるのかなど、口コミを見ることで通信講座を取捨する上で大いに助けになります。

忙しくても勉強できます

ウーマン

宅建合格のために、通信講座を選んで勉強する人が増えています。口コミでも書かれているように、最近の通信講座の教材は優れものが多いです。宅建合格には半年から1年程度かけて勉強を続ける必要があるので、無理のない学習計画を立てましょう。

宅地建物取引士になるには

勉強

通信教育でも合格は可能か

宅地建物取引士は宅建と呼ばれ、日本においては実用的な国家資格として人気があります。宅建士の仕事は、宅地や建物の取引を行うというもので、いわゆる不動産会社に勤めたり、会社を作るなどして土地や建物の売買はもちろん賃貸物件の斡旋業務を行うことです。宅建士の仕事は単純に売買をするだけでなく、顧客に対しての説明事項を適切にわかりやすく伝えるのも仕事ですから、宅地建物の売買では重要な位置にあります。宅建士を目指す場合には、試験に合格するための勉強が必要です。受験資格は特に制限がないので誰でも受験することができますが、合格後の資格登録には一定の条件を満たす必要があります。試験は毎年10月の第3日曜日に行われ、合格発表は11月末から12月上旬に行われます。宅建士の勉強法としては、専門学校に通うという方法のほか通信講座が人気があります。通信講座であれば、自宅学習ですので働きながらでも宅建士を目指すことができます。特に受験資格に制限がないことから社会人向けの通信講座としてはもっとも人気があり、現実に通信講座で合格する人も多くいます。通信講座を選ぶ際のポイントとしては口コミが重要です。ほとんどの通信講座ではそれほど悪い口コミは見られませんが、それでも口コミでの評判が高いところほど勉強がし易いといえます。特に建設関係の資格を専門に行っている出版系の通信講座の方が口コミでは高く評価される傾向にあります。また通信講座といってもさまざまなサポートを受けられるので、そのサポート体制もポイントになります。